人間科学部

環境・バイオサイエンス学科Department of Biosphere Sciences

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide

生命と環境、人とのつながりを探求する
3つの研究領域。

環境・バイオサイエンス学科では、地球の生命と私達の身体、それらをとりまく環境や現代社会とのつながりを探求します。
そして、その成果から自然豊かで健康な未来を創る術を探ります。

生命と環境、人とのつながりを探求する3つの研究領域。
生命と環境、人とのつながりを探求する3つの研究領域。

科学教育・情報科学領域

科学理論・技術と人の思考・行動との関係性から、科学のおもしろさや優位性を、社会や次世代の人たちに伝える方法を探ります。

環境・生態領域

海や川の水質保全、生物多様性の保全など、人と環境との理想的なあり方を、実験やフィールドワークを通して実証的に探ります。

バイオサイエンス領域

食の安全性や生活習慣病など、身のまわりにある今日的な課題を、最先端の実験手法を用いて、細胞や遺伝子レベルで解明します。

学びの特長

★alt★

3領域を幅広く学んでから、
自分の専門を選択

1-2年次は環境・生態領域、バイオサイエンス領域、科学教育・情報科学領域の3領域から広く講義を履修することができ、3年次からは自分が最も興味を持つ専門領域を選択し深く追求できます。


1年次から始まる実験・実習

実験機器の操作やフィールドワークを実際に体験しながら、それぞれの専門領域に必要な技術や知識が修得できます。


他学科の講義を体系的に受講できるマイナープログラム等を設置し、
多様な学びができます。

科学について深く学ぶことも可能ですが、科学を学びながら英文学科の英語の講義や、音楽学部でバイオリンなど器楽の実技講義などを受講できるプログラムを設置していますので、専門科目以外の学びも深めていくことができます。


理科教員免許状の
取得が可能

実験・実習の積み重ねが理科教育への関心を促して、中学校・高等学校教諭一種普通免許状(理科)を取得し、理科教員を目指すことができます。


文系出身者も
安心して学べます

今は文系だけど生物や化学には興味があるという方へ。文系出身者に対しても基礎からしっかり学べる講義を設置していますので、安心して学べます。

A week of students
p2_0_1week_01.jpg

English Honors Programを履修の S・Hさん (1年次の時間割)

English Honors Programは、履修条件があり、優れた英語能力を持ち、外国の大学の正規コースへの留学を希望する学生を対象としたプログラムです。理系の専門科目を学びながら、語学系学科の学生に負けない英語力を身につけ、留学も可能な教育プログラムは神戸女学院大学ならではの仕組みです。

 
1限目   健康スポーツ科学      
2限目     キリスト教概説   クローバーゼミ
3限目   科学概論 生態毒性学概論 English Honors English Honors
4限目     認知科学概論 環境科学基礎実習  
5限目  

生物の適応と進化

クローバーゼミ    

 


 

p2_0_1week_02.jpg

理科教職課程を履修の I・Yさん (3年次の時間割)

環境・バイオサイエンス学科では、中学校・高等学校教諭一種免許状(理科)が取得できます。理科教職課程履修者は、専門科目を学びつつ、教職科目を履修します。

 
1限目       環境生態工学  
2限目 バイオテクノロジー概論 動物生態学   演習 Ⅰ 生理心理学
3限目 食品学 キリスト教学     道徳教育の指導法
4限目   食生活論     教育原理
5限目   理科教育法 Ⅰ   地域活性化総合演習  

 


 

p2_0_1week_03.jpg

神戸女学院大学大学院人間科学研究科進学の S・Yさん
4年次の時間割)

4年生になるといよいよ卒業研究がはじまります。大学生活4年間の集大成である「卒業研究」や「演習Ⅱ」以外の時間も実験やフィールドワーク、調査を行い、研究に打ち込みます。

 
1限目

学内野外調査
(昆虫生息調査用トラップ
の設置・回収)

ノートテイク(※1)
学内アルバイト業務
(調査がない時のみ)

     

学外野外調査
(昆虫生息調査用
トラップの設置・回収)

2限目

卒業研究の
データ入力・
解析

 

卒業研究
のデータ入力
・解析

卒業研究の
データ入力・
解析

3限目

演習Ⅱ

4限目

ノートテイク(※1)
学内アルバイト業務
(調査がない時のみ)

卒業研究

環境科学基礎実習
SA(※2)業務

回収した昆虫生息
調査用トラップの
解体作業

5限目

回収した昆虫生息
調査用トラップの
解体作業

卒業研究

データ入力・解析

放課後    

※1 ノートテイク:聴覚障がい学生の両隣で講義内容や授業中の音声情報を要約して書き込むこと
※2 SA(スチューデントアシスタント):実験や実習科目の準備や補助のアルバイト

研究室・教員紹介

研究室・教員紹介 一覧

進学・就職

環境・バイオサイエンス学科の卒業生たちは、大学での学びを活かして社会の幅広い分野で活躍を続けています。理系の専門的知識はもちろん、実践的な英語力、コミュニケーション力、深い人間性を身につけた卒業生たち。大学院に進学し専門性を深める人もいれば、化学、食品などのメーカーから、金融業界、航空業界など、幅広い業界に進んでいることが特徴としてあげられます。

卒業生の声
Voice of graduates
M・Sさん
2015年 環境・バイオサイエンス学科卒業
ヤンマー株式会社
M・Sさん

この大学の志望理由は、ここなら大好きな生物について思う存分、勉強できると思ったからです。

この大学の志望理由は、ここなら大好きな生物について思う存分、勉強できると思ったからです。細胞、植物、動物等の多くの分野のゼミに魅了されました。その中でも、身近な人体に興味を持って健康医学の西田ゼミに入りました。研究の中で、病気の原因、その治療法等、疑問を自分の頭で考え抜く力が養われました。…

Y・Tさん
2013年 環境・バイオサイエンス学科卒業
大阪府環境職
Y・Tさん

フィールドワーク中心の授業や自然が多い大学の環境に惹かれ、本学科を選びました。

フィールドワーク中心の授業や自然が多い大学の環境に惹かれ、本学科を選びました。在学中は、もともと興味のあった生態学をはじめ、環境科学や生命科学、食品機能学など幅広く学びました。講義やゼミで得た、様々な分野の専門知識や卒業研究課題の進め方などは、総合研究所の経営企画を推進するうえで、自らの土台となって…

A・Sさん
2016年 環境・バイオサイエンス学科卒業
京都大学大学院
人間・環境学研究科
A・Sさん

4年間で身につけた基礎を糧に、大学院でさらなる研究を。

人の暮らしに貢献する食品関連の研究に興味があった私は、メディアでも耳にすることの多い「抗酸化性」をゼミの研究テーマにしました。そこで研究の面白さを感じ、卒業後は就職は視野に入れず、京都大学の大学院に進学することに。大学では人の健康に関わる研究をしていましたが、現在は細胞を用いて、人の疾患に関わる研究…

K・Eさん
2016年 環境・バイオサイエンス学科卒業
香川県公立中学校教諭
K・Eさん

大学で学んだ幅広い価値観で理想の教師を目指す。

中学時代に素晴らしい先生と出会い、「私もこんな先生になる!」と決意。教職課程を履修し、念願の中学教員 になりました。リベラルアーツ教育に力を注ぐ神戸女学 院大学は、教員という人としての魅力が求められる職に ふさわしい、教養と知性を身につけられる場所でした。…

資格取得

環境・バイオサイエンス学科では、志望する職業やステップアップを目指して、資格取得や受験資格のためのカリキュラムを開設しています。

★alt★

よくある質問