人間科学部

生態毒性学研究室

横田 弘文教授

keyword
  • 化学物質
  • 環境生物
  • 毒性

私たちの日常生活の中で、化学物質はもはや必要不可欠であり、生活の質の向上に計り知れない恩恵をもたらしています。しかし一方で、海洋汚染、オゾン層の破壊、有害廃棄物の越境移動など、地球的規模の化学物質汚染問題が存在しているのも事実です。

私たちの研究室では、人間が使用した後、環境中に放出された化学物質が環境生物にどのような毒性影響を及ぼしているのかを明らかにすると共に、その毒性影響をできるだけ早期に検出する方法を、主に魚類やミジンコを用いて研究しています。

化学物質の環境生物に対する毒性影響を評価するため、主に魚類やミジンコを用いた室内曝露実験及びフィールド調査の両面から研究を行っています。

さらに、これらの研究成果を活用して、実際の環境下で化学物質の毒性影響を早期に検出できるようなバイオモニタリング法も開発しています。

また、西宮市から委託された野生メダカの保護・育成活動にも取り組んでいます。

横田 弘文 教授 YOKOTA Hirofumi
yokota.JPG
  • 専門分野  生態毒性学
  • 学位         農学博士
  • 研究室   理学館 32室 
  • オフィスアワー 月曜日 11:30~12:00

【受験生の方へ】

環境問題、特に化学物質の安全性などに強い関心を持っている方であれば、文系理系卒の有無は関係ありません。私たちの暮らしが安全・安心なものとなるよう、ぜひ一緒に研究していきましょう。