人間科学部

学校臨床心理学研究室

小林 哲郎教授

keyword
  • スクールカウンセリング

学校の中で、教職員の一員として児童・生徒のカウンセリングや教職員のコンサルテーションを中心に活動する。我が国では、文部科学省が、中学校に中心に派遣している。児童・生徒や保護者からすると、外部から派遣されたカウンセリング専門家であり、子どもたちを成績や内申で評価する立場ではないこともあり、話がしやすい利点がある。

不登校、陰湿ないじめなどが学校で起こり、非行、少年犯罪などが深刻になっています。

スクールカウンセラーは学校の中で、児童生徒、保護者のカウンセリングをしたり、不登校など問題のある子どもたちについて、先生たちに助言するコンサルテーション等をしています。文部科学省は平成7年から導入を始め、臨床心理士を中心に今では全国の公立中学校に配置され、多くの小学校、高等学校にも配置されています。週に1日でもカウンセリングの専門家が学校現場にいることで、子ども達や保護者、そして何よりも教職員に安心感を与えています。

今後に向けて、スクールカウンセラーは法律に位置づけられ、常勤化の試みも始まりました。その活動のためには、臨床心理学だけでなく、教育、発達、家族、社会学など幅広い知識とカウンセリングの技術が必要です。ここでは、学校、教育という窓から見えてくる多様な現象を心理学的手法で研究していきます。

小林哲郎 教授 KOBAYASHI Tetsuro
kobayashi_t.jpg

京都大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得満期退学、金沢美術工芸大学、天理大学、京都大学カウンセリングセンターを経て、現職。

  • 学位   博士(教育学)
  • 専門分野 臨床心理学 

【受験生の方へ】

大学では自分が選んだ学部、学科の中で、ある程度自由に科目が選べます。高校の時の、大学受験のためにやらされる勉強から解放されるので、自分で興味、関心のある学問を選択して主体的に学びましょう。スクールカウンセリングに興味のある人は、「教育・学校心理学」を受講してみて下さい。